SEV自動車用製品WEBサイト

マシンの性能を引き出す「SEV」の自動車用製品公式サイト。製品情報、最新情報、SEVフェア開催情報。

SEVなんでもレポート 86でSEVシンプルスタート

モンキー後藤
雑誌(自動車・ゴルフなど)、WEBサイトの編集者。レース参戦に人生をかけ、筑波サーキットからニュルブルクリンクまで、あちこちのサーキットに出没。愛車はトヨタ86とBMWミニ クーパーS クラブマン。

「SEVって良さそうだけど何をどうしたらいいの?」
「実際の効果はどうなんだろう?」
なんて思っている人のための連載企画です。一般誌、自動車専門誌などで執筆中の自動車ライター後藤比東至が、SEV内部に潜入して、様々な角度からSEVをレポートします。

恋い焦がれて買った86をSEV仕様に

自動車ライターのモンキー後藤です。このたび、86(ハチロク)オーナーになりました!

「免許を取ってはじめて運転したクルマがAE86で、仕事は自動車雑誌の編集者、さらにレース参戦に人生をかけている」。こんな僕が買わなくちゃ誰が買うってくらい、恋い焦がれて買った86。カスタムベースとして、世の中のスポーツカーファンに期待されている86ですが、ボクも例に漏れずまずはタイヤ/ホイールと車高調を導入。とりあえず、カッコよくなったでしょ!?

で、次は…マフラー? ブレーキ? エアロ? インテリア?…やりたいことはたくさん。でも、一番最初にやりたかったことは…もちろんSEVチューンです!

SEVのいいところは、なんといってもクルマに加工の必要がないこと。それでいて効果はてきめん。というわけで、86を見せびらかしに…じゃなかった、SEVカスタマイズの相談にのってもらうべく、SEVショールームへとやってきました。

SEVショールーム東京
いつの間にやら、念願の86オーナーになったモンキー後藤。今回は、五反田にあるSEVショールーム東京を訪問。

86はスタートダッシュに課題!

さて、SEVカスタマイズの前に、モンキー後藤的な86インプレを少し。

86は、決してばかっ速いクルマではないんだけど、とにかく運転が楽しい! そして、速くないからこそクルマ性能を100パーセント引き出して楽しめる。具体的に言うと、ハンドリングが最高で、ステアリング操作に対してクルマがリニアに動いてくれる。それは、ワインディングだけじゃなくて、街中を普通に走るだけでも体感できる。とにかく「クルマを操っている」っていう感じがたまりません。免許を取ったばかりの頃の「運転が楽しくて楽しくて仕方ない!」感覚を思い出しました。

不満なところといえば、高速での追い越し加速がもう少しあれば…とか、サーキット走行でのもうひと声のパワー。あとは、たとえば赤信号からスタートするとき、隣のライバル(!)からちょっとだけ遅れちゃうとか…

今回は、その辺りをSEVで改善できればと思うんだけど…。石垣店長、どうでしょう!?

86のエンジン
86のエンジン。スポーツカーファンをうならせる、クイックな乗り心地が最高に気持ちいい。もうちょっとパワーがあれば最高。
SEVショールーム東京の石垣店長
SEVショールーム東京の石垣店長。クルマのことはもちろん、健康やスポーツについても相談にのってくれるから、頼もしい。

石垣店長オススメは「SEVシンプルプラン」

というわけで、石垣店長が86のSEVカスタマイズにオススメしてくれたのは、SEVカスタマイズのスタートとしてオススメの「SEVシンプルプラン」。内容は、

・SEVヘッドバランサーVシリーズ(>製品詳細ページへ
・SEVラジエターNシリーズ(>製品詳細ページへ
・SEVセンターオン スタイルシリーズ(>製品詳細ページへ

の3商品だそう。

「まずオススメしたいのが、トルク感、パワー感をアップさせるSEVヘッドバランサーとSEVラジエターです。セットで装着することで、低速トルク感のアップと加速がスムーズになるとともに、高回転域での伸びも体感してもらえます。そこにさらに、車内に置くだけで走行フィーリングを高めるSEVセンターオンを付ければ、最初のSEVカスタマイズとしてはバッチリです」(石垣店長)

なるほどー、最強のSEV3点セットってわけね。ヘッドバランサーはエンジンヘッドに、ラジエターは、ラジエターホースに装着。センターオンは、左右のシートの間に取り付けました。

SEVヘッドバランサー
ちょっと見えづらいですが、エンジンヘッド部分に装着したSEVヘッドバランサー。
SEVラジエター
SEVラジエターは、アッパーホースまたはロアーホースのどちらかに装着。
SEVセンターオン
センターオンは、装着する場所によってフィーリングが変化。今回、まずは、左右のシートの間にある、カップホルダーの前に付けてもらった。

いよいよ試乗!86とSEVの相性はいかに?

あっという間にSEVの装着が終わり、さっそくドライブ!

インプレにも記したとおり、86のパワーは運転を楽しむという本来の目的に対しては必要十分ではあるんだけど、「すかっとかっとばしたい!」という目的に対しては「もうちょっと欲しい」というのが正直なところ。ヘッドバランサーとラジエターが、その「あとちょっと」を埋めてくれました。そのパワー感とトルク感が86には絶妙で、発進加速のひと転がりに違いが出たのを体感しました。

センターオンは、体感度がピカイチ。「レーシング」と「クルーズ」の違いもよくわかる。クルーズはふわふわ感をおさえてしなやかに。レーシングは、しっかり路面に押さえつける感じ。好みや乗り方に合わせて交換してもいいけど、86にはやっぱりレーシングがあうと思う。

というわけで、初めての86SEVカスタマイズは、「SEVシンプルプラン」でバッチリ決まった!でも、元来86はカスタムするためのクルマなのだから、他のSEVもぜひ付けてみたい。次の課題は…ブレーキかな。こうご期待!

付けてすぐに体感できるのがSEV
付けてすぐに体感できるのがSEVのすごいところ。SEVと86の相性はバッチリ。運転がもっと楽しくなった。