SEV自動車用製品WEBサイト

マシンの性能を引き出す「SEV」の自動車用製品公式サイト。製品情報、最新情報、SEVフェア開催情報。

SEVヘッドバランサーVシリーズ インプレッション


インプレH_01.jpg

インプレH_04.jpg
アイドリングが静かになった。トルクが太くなったように感じる。加速時の「迫力」が増しました!!(ステアリングも軽くなったような・・・関係ないですかね!)


インプレH_07.jpg
●装着:V-1のみ
プレミアムビッグパワーを装着していて何の問題もない状態だったが、さらにエンジン音&小さな振動が少なくなりマフラー音が気になる位、変化した。また、トルクが大きく増した為、現状より再セッティングが必要な位になった。

●装着:V-2のみ
エンジン音、振動の低減はV-1ほど感じられなかった。基本、スポーツ系の固めのセッティングをして有るが、V-2のみの時はさらに固めに変化した。また、適度なトルク増とエンジンの周りの良さを実感出来た。

●装着:V-1+V-2
V-1、V-2の単独の時と比べて、圧倒的に全体の底上げを実感した。エンジン音、振動の減少を実感した。トルクも下から上まで均等に上昇を実感出来たので非常に乗りやすく感動した。


インプレH_09.jpg

車体が軽くなった感じで燃費計に変化が見られる。(エンジン⇒電気に切り替わる境あたりで確認)以前のPシリーズよりも変化を感じた。



H-1、H-2、P-1、P-2に無い、中速時の抵抗感が減少した。エンジン音がまた変化した。熱を吸収してリリース効果が本体をさわって良くわかった。


インプレH_13.jpg
通常ECOモードで使用していますが、40〜を超えるあたりまでノッキングのようなストレスと、ひっかかって立ちあがって来ない感じでしたが、V-1、V-2両方装着しましたが、スタンダードモードで走っているようなスムーズな立ち上がりでした。たった2つ装着しただけでこんなに変わるなんて信じられない感覚でした。


インプレH_15.jpg
走りが別次元に変化、激変。スピードと回転の上がり方が今までと比べてハンパ無く速い。別物のエンジンに乗せ替えた様な感じ。


インプレH_17.jpg
●装着:V-1のみ
1800〜2000回転、ロックアップ時、ハーフスロットル加速のつきが良くなった。

●装着:V-1+V-2
バランス良く加速する。2800〜3000で、試したところ、レスポンス・力強さがすごく良くなった。


インプレH_19.jpg
スタート時のトルクアップが感じられ、さらに高回転までスムーズに加速します。


インプレH_21.jpg
加速時のパワーの出方が今までの製品と少し違い力強い感じがする。減速時のエンブレでディーゼルとは思えないような静かさで回転が上がる。非常に良いと思う。


インプレH_23.jpg
低速から高速までストレスなく回る。特に高速回転の更け上がりが良い。エンジンの振動が少なくなり気持ち良く運転できた。


インプレH_25.jpg
アクセルを踏み込んだ時、トルク感がこれまでのSEV製品より顕著に体感することができました。


インプレH_27.jpg
ヘッドバランサーシリーズを全て装着しておりますが、それ以上の体感が得られると思います。低速での体感が特に感じられました。


インプレH_29.jpg
エンジンレスポンスが良いですね。4400回転から6400回転までのパワー感と、しっかりトップエンドまでパワートルクがついてきます。車重が1500〜を超える車をグングン加速していきます。


インプレH_31.jpg
インプレH_34.png

僕のW202 C240は2.4LのV6エンジンですが、これまで3000回転以下のトルクは細いモノでした。かつての4気筒C220の方がマシに感じるほどで、実際ちょっとガッカリしていました。それがバランサーの効果なのか、2000回転から使えるトルクが感じられます。軽くアクセルを踏んで2000回転付近になれば、十分に違いが判るということです。
また渋滞路や混雑路で速度調整(アクセル開度調整)がやりにくい特性だったんですけども、それがとても楽にコントロールできるようになりました。
アクセル操作にメリハリが出てきたし、低開度でもクルマが前に進む感覚が強くなっています。ギクシャクしないで、また不要なブレーキを使わずに制御できるのが楽ですね。出足の加速感こそ極端な変化はないけど、下のトルクが厚くなり乗りやすさは明確です。

そしてこれまで3000回転〜4000回転にかけて回せばそこそこの加速をしていたのですが、バランサー装着後は下のトルクがあるためか、より3000回転からのパワー感が高まりました。パワーバンドの盛り上がりがここらにあるのですが、それがよりはっきりとしています。スタートダッシュも、ここまで回せば十分速くなったと実感できるほど変化します。つまりちょっと加速が必要なら、少しアクセルを多めに踏んでこの回転域をキープすれば、これまでの鈍重さが影を潜め、グッと実用的な加速力になってきたということです。

しかも4000回転を越えてレブの6000回転まで達してもパワー感が残る感じで、綺麗に回ってくれて全体的なレスポンスアップも感じます。これまでは4500回転過ぎからパワー感はドンドン薄くなったのですが、それがありません。ビッグパワーに近い感覚かもしれませんが、体感度は間違いなくコチラが上。このパワー感は「おぉっ」と唸らせるほどの変化率ですよ。まだ装着後ほとんど走っていませんし、今後のさらなる変化が楽しみです。